一粒万倍日と不成就日

一粒万倍日・不成就日

【一粒万倍日】
一粒万倍日は何事を始めるにも良い日とされ、
起業、お店の開店や新装開店、種まきなど、
金銭がかかったことが、何倍にもなって戻ってくると、
いうような意味で、吉日とされています。
元々は、
一粒の米もみが何万倍もの実りをもたらす稲穂に成長するという意味です。

ただし、苦労の元になるようなことは、その苦労が何倍にもなるので凶とされる。
金銭の借入れや、入院などは避けたいところです。
他の吉日と重なると一粒万倍日の効果は増し、
凶日と重なったら半減するというような言い伝えがあります。

【不成就日】
祈願、結婚などの祝い事、お店の開店、子供や屋号の命名、
契約事など、
縁起を担ぎたい行事をする日としてはよくないという言い伝えがあります。
リンク集

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。